2008年01月16日

コエンザイムQ10

アンチエイジングサプリといえば第一に挙るのが
コエンザイムQ10ではないでしょうか?

コエンザイムQ10には抗酸化作用がるだけでなく
やはり抗酸化力がある代表的ビタミンであるビタミンEの
再生にも働いてくれるので美肌に良いのです。

更に、ご存知の様にダイエットにも良いですね。
これは脂肪が細胞内のミトコンドリアで燃やされる時に
コエンザイムQ10がエネルギーが生み出される手助けをしてくれる、
つまり脂肪がどんどん燃えるように手助けしてくれるからです。

でも悲しいかな、こんなにアンチエイジングには欠かせない
コエンザイムQ10も身体の中で生み出される量は
20代と比べると80代には半分にもなってしまうので
加齢と共に積極的に補いたいアンチエイジング成分です。

ところが食品で補おうとすると
鰯なら6匹、牛肉なら900gも必要です。
ちなみに1日の必要量は30〜60mgです。

そこでコエンザイムQ10は
サプリメントでとることがお奨めなんですが
サプリメントでも吸収がよくなる様に特殊加工していない
ものだと90%が排泄されてしまい
吸収されるのは10%程度です。

特殊加工というのは、本来脂溶性のコエンザイムQ10を
ミセル化(小さくする)して
水に溶けやすくしているもののことです。

そういった意味でコエンザイムQ10サプリを
選ぶなら、日清ファルマのものをお奨めします。
posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 13:54 | TrackBack(4) | 美容・ダイエット・栄養

2007年07月01日

パイン豆乳で美肌とダイエット

豆乳はダイエットにも美肌にもいいですね。

大豆のイソフラボンが女性ホルモン「エストロゲン」と
似た働きをするので、特に女性には嬉しい、
アンチエイジングのために採りたい飲み物です。

豆乳が美肌にいかにいいかは、いつもお世話になっている
さくらこさんのブログ:「20代からの美肌を保つ基礎化粧品知識」の
こちらに詳しく乗っていて、とても勉強になります。

私も、この記事を読ませていただいて、もっともっと
豆乳を採りたいと再認識したんです。

ところが、豆乳を飲んで体内で作られるダイズペプチドは
分子が大きくて吸収力があまりよくないそうです。
そこで、私は、豆乳にパインジュースを
混ぜて(基本は1:1)飲むようにしました。
パインジュースを混ぜるとパイナップルに含まれる
プロメライン、プロメリンという蛋白質分解酵素により
ダイズペプチドが吸収されやすくなるそうです。
キューイと混ぜる方法もありますが
パインジュースを使うととても簡単につくれ
豆乳だけでのむより、とても美味しくなり
また飲みたいと思う程です。

豆乳の美肌効果は前述のさくらこさんのブログに
お任せするとして、ダイエットについてちょっと
触れておきましょう。

豆乳によるダイエットのメカニズムは
ダイズペプチドが腸内で吸収される時に
血流を活発にして基礎代謝が上がるため
脂肪燃焼効果があると考えられているそうです。
又、豆乳に含まれているダイズサポニンは
余分な脂肪や糖質の吸収を抑える働きもあるそうです。
他に、豆乳の成分であるレシチンは
善玉コレステロールを減少させてくれますし、
オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やして
腸内環境を整えてくれるので、これらの相乗効果で
ダイエットに効果が発揮されます。

ダイエット効果を求める場合、パイン豆乳の飲む
目安量は一日400〜800ml。パイン豆乳は
パイナップル分解酵素の働きで30分くらいで
分離するので、作りおきはしないですぐに
飲んでください。
尚、パイナップルは南方産の果物=体を冷やす果物
ですので冷えが気になる場合は生姜のすりおろしを
加えるか、豆乳を少し温めて使うと良いそうです。
posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 09:59 | Comment(58) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年06月21日

ゴマを継続的に採るのは何故、どうしたら採り易い?

前回の記事で、ゴマは継続的に大匙1杯/日を
目安に、無理であれば3日に1度採る様
心がけた方がが良いと書きました。

実はこれには根拠があるんです。
ゴマは解毒酵素としては72時間効果が
持続するんだそうです。だから3日に1度という
数字なんですね。

ゴマのアンチエイジングパワーに注目して
ゴマを継続的に採っている女優さんも多いと
聞いたことがあります。

いつもお世話になっている皆さんからいただいた
コメントにも、皆さん色々工夫してゴマを採って
いらっしゃるんだなと思いました。

でも、毎日継続的に採るとなるとなかなか
大変かなとも思います。色々な食べ方を知って
いると採りやすくなるでしょうか。

ゴマの色々な料理法が載っているいいサイトを
見つけたんです。どちらもURLの上にカーソル
をもっていってCtrlキーをおしながらクリックで
サイトに飛べます。

一つ目のURLはコチラ→ http://www.gomagoma.net
このサイトの上方の「お料理レシピ」のところ
をクリックすると、ご飯に炊き込んだり
ゴマチャーハンなど、こんなゴマの使い方があるんだ
と参考になると思います。      

前にご紹介した「こうちゃんの簡単レシピ」:
http://www.e-furikake.com/recipe/index.html にも
下の方に「商品別のレシピを見る」という項目
がありその中の「ごまあえの素」をクリックすると
やはり「炊き込みご飯」や「ナスのゴマ風味グラタン」
などゴマを使ったお料理が沢山載っています。
posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 22:00 | Comment(43) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年06月19日

ゴマのアンチエイジング・パワー

アンチエイジングの観点から注目したい
ゴマの成分はゴマリグナン。

セサミノール、セサミン、セサモリンなどで
構成されているゴマリグナンは、ゴマ成分全体の
1%程しか占めていない成分ですが
強い抗酸化作用があるそうです。

セサミノールはビタミンEよりも
悪玉コレステロールを抑制し、
又セサミンやセサモリンは肝臓の解毒酵素や
抗酸化酵素の活性を高めてくれるそうです。

解毒や抗酸化を高めてくれるといえば
アンチエイジングの強い味方ですね。

更に、血中のコレステロールを減少させる
リノール酸やオレイン酸の成分も含まれています。

硬い殻がついているままだと吸収が悪いので
是非、すりゴマや練りゴマで採りたいところです。

1日大匙1杯(無理であれば少なくとも
3日に1度の割で)継続的に食べることがお勧めです。

いつもお世話になっているエリーさんの6月18日の
ブログにはゴマ、味噌、酢などを使ったおいしい
黒ゴマ和風ダレのレシピがのっていますよ。
エリーさんのブログへはこちらから飛べます。
posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 22:00 | Comment(41) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年06月15日

レモンでカルシウムの吸収を高める

女性は加齢と共にカルシウムを失いやすくなり
骨粗鬆症にかかりやすいですね。
でも未だそれ程歳ではないからといって
安心はできません。
日頃からカルシウムをしっかりとっていないと
骨密度は高齢者の様な状態の人もいます。

カルシウムは元々体に吸収され難い性質を
持っているそうです。
その上、なんと脂肪と一緒に採ると
脂肪と結びついてそのまま排泄されてしまうそうです。
(逆に言うとカルシウムは脂肪の取り過ぎを
防いでくれているんだそうです。)

一方、クエン酸と一緒にとるとカルシウムは
クエン酸に包まれる形になり腸での吸収が
とてもよくなるそうです。
クエン酸が豊富に含まれている代表格がレモン。

そこで、夏場にパンの朝食の時によく
飲む牛乳の飲み方をご紹介します。

1個分のレモン汁に大匙1の蜂蜜やオリゴ糖
をコップにいれ、スプーンなどでかき混ぜながら
牛乳を足していくだけです。
ちょっとヨーグルトドリンクの様な感じです。
これはカルシウムの吸収がレモンで高まる
だけでなく、オリゴ糖(蜂蜜にも含まれています)が
善玉菌の栄養になるため、善玉菌が増えて腸内環境が
よくなります。

今、何位?
ランキング参加中:皆さんの一票で順位が変わります。
ポチッと押して応援していただけると嬉しいです
人気blogランキングbanner_04.gifにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 20:16 | Comment(31) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年06月05日

ドライプルーンを食べ易く

「貧血にはドライプルーン」とうい記事を
6月2日に書きましたが
この味が好きな方、どうも苦手だとおっしゃる方
どちらもいらっしゃいました。

この記事に、いつもお世話になっているminaさん
から「紅茶で煮てそのまま冷蔵庫で冷やして
食べると食べやすくなっておいしいですよ」という
コメントを戴きました。ありがとうございます。

私は、濃い目に入れた紅茶にドライプルーンを
一晩漬けただけでも美味しいと聞いたので
それを作ってみました。ドライではなくなって
しっとりしています。でも私の周りには
ドライプルーンが嫌いな人が居ないので
嫌いな方にとって、コレでOKかどうかは分かりません。

プルーン紅茶漬け20%.JPG
左が紅茶漬けです。
私にとっては、紅茶漬けは更に美味しいです。

その他、紅茶(アールグレイ)、赤ワイン又は白ワイン、
グラニュー糖、シナモン又はレモン汁で煮ると
ドライプルーンの癖が無くなって
苦手な人でも美味しく食べられるそうです。

ドライプルーンが苦手な方にとって、
美味しく食べられる方法のヒントになれば幸いです。

鉄分=貧血対策と思っていましたが、実は
シワ、乾燥、爪、髪にも影響があったんですね。
その事が、いつもお世話になっている
さくらこさんのブログ
「女性のための健康美容情報美肌ミネラルとは!」
という記事に詳しく書かれています。
この記事、勉強になりました。

今、何位?
ランキング参加中:皆さんの一票で順位が変わります。
ポチッと押して応援していただけると嬉しいです
人気blogランキングbanner_04.gifにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 10:00 | Comment(19) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年06月02日

貧血にはドライプルーン

女性は結構貧血の方が多いようですね。
貧血に良い食べ物としてレバーやほうれん草など
が知られていますが、ドライプルーンなら
チョコッと気がついたときにつまめます。

ドライプルーンは、女性の味方!

ドライプルーンは他のドライフルーツでも言えることですが
乾燥させることで水溶性食物繊維のベクチン、ビタミンA、鉄分、
カルシウム、ビタミンB1(リンゴの2.5倍)B2(オレンジの
5.3倍)、リンなどがずっと豊富になっています。

造血作用によいのは鉄分、ビタミンB群ですが、鉄分は
果物の中でもベスト10に入り、グレープフルーツの40倍、
バナナの13倍だそうです。

ビタミンAは、レーズンの38倍も含まれているそうですから
皮膚や粘膜を保護したり、乾燥肌や風邪にもとてもいいんでね。

酸味であるクエン酸やリンゴ酸は疲労回復にいいそうです。
1日の摂取目安はなんとたったの2〜3粒、
便秘や貧血時には5〜6粒程度だそうです。

この程度なら無理なく食べられませんか?
今日は鉄分がよく採れていないと思った時に
つまむという方法もいいですよね。

今、何位?
ランキング参加中:皆さんの一票で順位が変わります。
ポチッと押して応援していただけると嬉しいです
人気blogランキングbanner_04.gifにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 10:00 | Comment(14) | TrackBack(2) | 美容・ダイエット・栄養

2007年06月01日

びわの食物繊維と抗酸化力

昨日のさくらんぼ同様、びわも
少々、値がはりますが
季節感のある果物ですね。

びわの効能に、熱を冷まし(復習:主な産地は
長崎、鹿児島、千葉で、南方産ですから)
体を冷やす果物ですね!のぼせの症状に良い、
咳の緩和、熱を和らげ、炎症や腫れものを抑える、
肌荒れ防止、疲労回復などが挙げられていました。

アンチエイジング・ブログとして取り上げたいのは
豊富な繊維とβクリプトキサンチンという成分。

繊維の豊富なものとして「さつまいも」がよく
知られていると思いますが、100gのカロリー中
さつま芋やじゃが芋に比べ、
びわの方が食物繊維が多いのだそうです。
食物繊維は便秘によいのはもちろん、
悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす働きがあるそうですから
美容と健康には強い味方です。

又、βクリプトキサンチンという聞きなれない成分は、
柑橘類に多く含まれるそうですが、
体内でビタミンAとして働いて、
皮膚や粘膜、消化器官などを正常に保ち、
抗酸化力がありアンチエイジングの見方です。
豊富なβ-カロテンも抗酸化力がありますね。

びわは、保存は常温保存
(食べる2〜3時間前に冷やす)で
購入後1〜2日で食べる方が良い様ですから、
私なら、ここでも一昨日、昨日紹介した保存容器
「ナノシルバー」に、すぐ入れます。

今、何位?
ランキング参加中:皆さんの一票で順位が変わります。
ポチッと押して応援していただけると嬉しいです
人気blogランキングbanner_04.gifにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 10:14 | Comment(21) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年05月31日

さくらんぼの抗酸化力

公園のさくらの木にサクランボが
なっていました。
食べられる様なものではなくこんな小さな、
ほとんどが黒い色をしたサクランボです。
見えますか?

公園のさくらんぼ

あ〜、ついこの間咲いていた桜がこんな実を
つけたんだ、と思ったらとても愛おしくなりました。

さくらんぼの季節になったんですね。

さくらんぼには、
カルシウム、鉄分、カロチンが多く含まれ
貧血や疲労回復によく、
又、体を温める作用(北方産ですからね!)や
利尿作用もあるのでむくみにもいいそうです。
カロチンやカリウムによる、高血圧の予防にも
効果があるそうです。

アンチエイジング・ブログとしては
サクランボに含まれる、あの果肉の赤色成分の
アントシアニンに注目したいと思います。

アントシアニンは目の疲れや眼精疲労改善に良いのは
良く知られていますが、強力な抗酸化力もあるそうです。

サクランボのアントシアニン、
ラットの神経細胞PC-12を用いた実験では、
酸化ストレスに対して細胞を保護する強い
抗神経変性活性というものが認められたそうです。
組織中のコラーゲンを守る働きがあるんですね。

さくらんぼは常温保存の場合、
収穫後3日以内が鮮度を保てる目安だそうですから
私は、買ってきたらすぐに昨日ご紹介した
保存容器「ナノシルバー」に保存します。

今、何位?
ランキング参加中:皆さんの一票で順位が変わります。
ポチッと押して応援していただけると嬉しいです
人気blogランキングbanner_04.gifにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


P.S.
お弁当箱に便利な、仕切りのあるナノシルバーを見つけましたので
一日遅れましたが、ご紹介します:
ご希望の方は、画像をクリックで購入画面に行かれます。



【いちごを常温で7日間放置】



ナノ銀の抗菌作用で食材長持ち(当社従来品と比べて)!
電子レンジ、食洗機OKのナノテク容器!
清潔で衛生的な抗菌密閉容器セットです。100%密封なので汁漏れ、においモレ無し!
(韓国製:韓国ではキムチの貯蔵などに盛んに利用されています。)
内子付きなのでお弁当箱としてもGOOD!
posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 10:00 | Comment(19) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年05月25日

生姜のアンチエイジング&ダイエット・パワー

昨日、豚肉の生姜焼きを食べました。
豚の生姜焼きって、実に上手く出来ているんですね。
生姜のたんぱく質分解酵素で肉が柔らかくなるし
生姜につけておくと
旨み成分である肉のグルタミン酸が増加して
肉が美味しくなるんだそうです。

実はこの生姜、アンチエイジング、美容、
ダイエットにも効果が期待できます。

そうした効果を発揮するのは、辛味成分の
ジンゲロールと呼ばれるちょっと
聞き慣れない成分です。

アンチエイジングの味方:
強い抗酸化作用もあり、細胞内の脂肪の
酸化を防いだり、活性酸素から身体を
守ってくれるそうです。

又、血管を拡げて血の巡りを良くし、
体を温めたり発汗作用を促すので、
脂肪燃焼にも効果があるそうです。

体を温めたり発汗作用がある上、咽喉の
痛みを抑える働きもあるため
風邪のひき始めなどに生姜のすりおろし
を蜂蜜などと一緒にお湯に溶いて飲むと
良いといわれていまるんですね。

ジンゲロールは、空気にさらされると
直ぐに変化するので新鮮なことが
ポイントです。

又、ダイエットやアンチエイジングにいいから
といって、食べすぎは禁物。
胃腸の働きを調整する働きがある一方で、
一度に多量に摂取すると、粘膜が強く刺激され、
腹痛、下痢を起こすそうです。

今、何位?
ランキング参加中:皆さんの一票で順位が変わります。
ポチッと押して応援していただけると嬉しいです
人気blogランキングbanner_04.gifにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 10:00 | Comment(17) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年05月12日

卵成分「コリン」:美肌効果と血中コレステロール低下作用

5月9日にかつおの記事を書いたのですが、
その日たまたまネットで「奥薗壽子のかんたんレシピ」:
http://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/okuzono/ を
みたら、鰹節をまきこんでしまう、だしとり不要の
「スピード出し巻き卵」の作り方が載っていました。

「おっ、これは鰹節をつかっているし、行楽などのお弁当
にもよさそうなので、ご紹介したいな」と思いました:

卵1個に対し大匙1〜2の水(ふんわりさせる為)と
塩少々を加え、卵焼き器に1/3量を流しいれたら
醤油をまぶした鰹節を卵の上にちらし巻き込んで
更に卵を足して巻きながら焼いていくんです。

奥薗壽子さんのレシピは、栄養や美味しさはしっかり
確保しながら、省ける手間を賢く省くので大好きです。

ところで、卵には「コリン」という、
神経伝達物質である「アセチルコリン」のもとになる
物質が含まれているのご存知でしたか?
コリンは殆んどが食べ物から摂取するものだそうですが
ダントツで、卵が多く含んでいるんだそうです。

何とこのコリンには、脂質代謝の改善、特に
「血中コレステロール低下作用」や肝機能の改善、
更には皮膚細胞の再生、活性化にも重要な働きをして
いて美肌効果も期待できるそうです。

コレステロールは、本来は身体にとって必要なものですが
増えすぎるとよくない影響を身体に与えてしまいます。
コレステロール値は、女性は更年期を迎えると上昇すると
いわれていますので要注意です。

お茶のカテキン、魚油、きのこ、海草、大豆・ 大豆製品、
果物、野菜なども血中コレステロール低下作用が
期待できるそうです。

血中コレステロールの怖さについては、以前にも
ご紹介させていただいた、ゆうすけさんのブログ
「ダイエット食品で7日で2kg減せた!」

しっかり書かれていますので、マタマタ
ゆうすけさんのブログにお任せさせてくださいませ。
ゆうすけさんいつもお世話になります。
(上のブルーの文字のところをクリックで
ゆうすけさんのブログに飛べます)

ランキングに参加中:皆さんからの一票でランクが変わります。
こちらもポチッと押して応援していただけると嬉しいです
人気blogランキングbanner_04.gifにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 09:00 | Comment(21) | TrackBack(2) | 美容・ダイエット・栄養

2007年05月09日

目には青葉、山ホトトギス、初鰹

誰でも知っているこの句、正式には
「目には」と「は」が入るそうです。
芭蕉とも親交のあった江戸中期の俳人:
山口素堂(1642〜1716)の句。

江戸時代には初物好きの江戸っ子が
先を争って手に入れたがったそうです。

句はさておき、かつおの美味しい季節ですね。
戻りかつおも美味しいけれど、やはり「初物」には惹かれます。
私は断然「たたき」が好きです。
ねぎやにんにく、しょうが、みょうがなど
たっぷりの薬味といっしょに食べると美味しい!!
冷の日本酒ととっても合いますよね!

鰹節にされるくらいですから、旨み成分が豊富なのが
肯けます。旨みの元はイノシン酸だそうです。

かつおにはアンチエイジングに嬉しい成分が一杯です:
ビタミンE: 老化を防ぐ核酸と核酸の働きを助ける
ビタミンD: カルシウムの吸収を良くする
ビタミンB1: 脳細胞を活発化させる
ビタミンB2: 成人病対策に!
ビタミンB12、鉄分: 貧血予防
ナイアシン: 体調を整え、素肌美をつくる
タウリン(血合い部分): 抗がん効果が有るといわれる
DHA(ドコサヘキサエン酸): 頭の働きを良くする
            (お年寄りのボケ防止としても注目)
EPA(エイコサペンタエン酸): 成人病を予防、&ストレス緩和

嫌いな方もいらっしゃるかと思いますが、
血合いの部分は特に栄養満点だそうなので
是非、ここもしっかり食べたいですね!

こちらもポチッと押して応援して
いただけると嬉しいです
人気blogランキングbanner_04.gifにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 09:00 | Comment(13) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年05月03日

苺:ビタミンCとキシリトール

もう何年も苺狩りに行っていません。
苺狩りもだいたい5月末位まででしょうか?
苺狩りで食べる苺の味は格別ですね!

新鮮さはもちろんのこと、
水洗いすると味がてきめんに落ちる苺を
水洗いせずそのまま口に入れるからでしょうか。

苺にビタミンCが豊富で、美肌によいことは
良く知られていますが

(でも、100g当たりのレモンと同じ位も
含まれているんですって!
しかもレモンの場合、果肉と皮に50%づつ
含まれているそうですから、レモンより
効率よくビタミンCが採れますね!)

その他、たぶんまだあまり知られていなくて
注目なのは、イチゴにはたくさんの「キシリトール」が
含まれているそうです。

キシリトールはガムでその名が知れたと思いますが、
虫歯の原因菌のエサにならない天然甘味料。
更に、歯を溶かしてしまう酸を発生させないほか
原因菌が増えるのを抑えたり、
歯の表面に汚れを作らせないなど
虫歯の予防になると言われています。

キシリトールは、一般に食べられている野菜の中では
苺に最も多く含まれてるそうです。

こちらもポチッと押して応援して
いただけると嬉しいです
人気blogランキングbanner_04.gifにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 00:00 | Comment(13) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年04月19日

空豆が出回っていますね!

空豆とビール/日本酒、最高!!
空豆は出回る時期が短いので、
かえって季節を強く感じます。

調べてみたら、空豆は、
栄養豊富で、効能としては
利尿作用、胃腸の働きを整える、
貧血予防、成長促進、美肌効果 などがあるそうです!

「むくみを取る利尿作用には、皮の部分が強いので、
皮も一緒に食べると、より効果的」だそうですが
あまり皮は食べませんよね?

含まれている栄養素は
澱粉(糖質)、蛋白質、ビタミンB1・B2・C、鉄分、食物繊維等

ビタミンB2は、皮膚や髪の健康を維持するのに役立ち、
ビタミンB群は、澱粉や糖分、タンパク質や脂肪の燃焼を
助けて不要な脂肪を体内に残さない、肥満防止に役立つそうです。

美肌効果と肥満防止に乾杯!!

今日もクリックで応援お願いします
人気blogランキングbanner_04.gifにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 17:00 | Comment(13) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年04月07日

春といえば筍

筍の季節ですね

どんな食べ方がお好きですか?
私は、
・特に新鮮な筍ならさしみ・・これ又、日本酒に合いますねー。
・筍ご飯
・薄味で煮た筍+ハムを少量のマヨネーズ(薄ピンク色になる  くらいほんのちょっとケチャップを混ぜて)で和えたサラダ

あのえぐみが好きです。春の山菜の苦味が苦手の方も
筍なら大丈夫ではないですか?

筍は繊維も豊富なので、美肌の敵:便秘解消にお薦めですし
低カロリーでコレステロールの排出にも効果があるそうです。
益々食べたくなりませんか?

旬の食べ物って、美味し〜い!幸せ!!
   
posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 17:00 | Comment(12) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養

2007年04月06日

親子丼でアンチイエジング

昼、親子丼を食べました、おすし屋さんで。
このおすし屋さんで「親子丼」のメニューを最初に
見た時、「え〜っ、親子丼出すなんて変なお寿司屋さん。
そんなもん(親子丼さんごめんなさい)お寿司屋さんで
頼む人居るのかしら?」と思いました。

はい、はい、「鶏と卵」の親子ではなく、
「鮭とイクラ」の親子でした!

1日に多種の食品を食べた方が良いので、いつもは
ちらし丼が多いのですが、今日は何故か、頭の中で
アスタキサンチン、アスタキサンチンと気になって
いたので「親子丼」にしました。

アスタキサンチンってご存知ですか?
鮭とかイクラに含まれる、赤い色素で、
アンチエイジングの敵:細胞の酸化を防ぐ抗酸化力は
ビタミンE約550〜1000倍と言われているそうです。
アスタキサンチンを採るには鮭やイクラは生の方が
良いそうです。

今日は、アスタキサンチン、いっぱい採ったぞー!!!
posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 17:00 | Comment(14) | TrackBack(1) | 美容・ダイエット・栄養

2007年04月04日

たらの芽はアンチエイジングに良い?

春の山菜が美味しい季節ですね。

たらの芽のてんぷらで、ビールや日本酒。
う〜ん、美味し〜い!ほのかな苦味がたまらない!

この苦味は、エラトサイドという成分で抗酸化力があり、
細胞の酸化を防ぐ働きがあるそうです。
ビタミンも豊富に含まれているんですって!
更に、風味はピネンやテルペンという香り成分で
精神をリラックスさせる働きがあるそうです。

ん?ということは、
アンチエイジングにも良いのではありませんか!?

てんぷら、おひたしの他、
豚肉で巻いて焼きみりんとしょうゆをからめる
食べ方も美味しそうですね。
posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 17:00 | Comment(17) | TrackBack(1) | 美容・ダイエット・栄養

2007年03月29日

お酢の効果

28日に、黒酢もろみサンプルのご紹介をしましたが、今日はお酢についてチョコッと調べてみました:

酢の主成分は酢酸(クエン酸)です。このクエン酸には、体に貯まった疲労物質や余分な脂肪を燃焼させる働きがあり、体に十分な量のクエン酸があると疲労回復や脂肪が貯まりにくくなるそうです。お酢がこの内蔵脂肪の燃焼に有効だということが判ったそうです。

黒酢もろみには、量も種類も豊富なアミノ酸が含まれて(黒酢の何十倍)いるといわれていますが、ダイエットにもアミノ酸を併用すると短期間で効率的な減量に役立つと言われているそうです。リジン、プロリン、アラニン、アルギニンは体の脂肪を燃焼させるアミノ酸です。

アミノ酸は、身体の肌、髪、脳、内臓、筋肉、骨、血液なども全て蛋白質から出来ていますが、この蛋白質の最小単位であるというのは、割りと知られていますよね。
それだけではありません!アンチエイジングにも関係が!アミノ酸はコラーゲンの元でもあるので、美肌にもお薦めなんです!!

だから、どうせ採るなら、「黒酢もろみ」をと思います。

お酢を上手に摂って、体を弱アルカリ性に保ちましょう。
何故か調べられませんでしたが、「お酢をドリンクとして飲むときは、食前に飲まず、食事中か食後に飲むのが良い」そうです。

ご参考になれば幸いです。
posted by 幸せ運ぶふくろうです♪ at 09:47 | Comment(17) | TrackBack(0) | 美容・ダイエット・栄養
━━━ ★ お越し戴き有難うございます ★ ━━━

今、何位? ランキング参加中:皆さんの一票で順位が変わります。

今年も応援、よろしくお願い致しま〜す!!

下のボタンをそれぞれ1日1回

ポチッ、ポチッと押して応援していただけると嬉しいです

↓  ↓   ↓  ↓

人気blogランキングbanner_04.gifにほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

有難うございました!皆さんの応援が励みになります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。